Sugar*Style 感想

感想・レビュー

2019年1月25日に発売された「Sugar*Style」をプレイし終えたので感想を書いていきます。
ネタバレを含む事も書いてあるのでネタバレが嫌な人は、ご注意ください。

Sugar*Style 感想

ブランド
SMEE
原画
谷山さん
シナリオ
岸田ソラ、モーリー

プレイ時間

14~15時間ほどでプレイ終了。
途中で結構、手が止まったので時間をかけてプレイしてしまいました。
手が止まった理由は、感想の方に書いておきます。

Hシーン

Hシーンは、各ヒロイン4枠ずつ。
数としては、平均的だと思いますが中には、手コキだけフェラだけで終わるモノもありました。
キャラゲーにHシーンは、そこまで期待していませんが全ヒロイン同じ枠を用意する為だけに取って付けたHシーンと言う印象が残ります。

あとHシーンで日常シーンで使われる気の抜けたBGMが流れるシーンがありました。
正直プレイ中、盛り下がるので個人的にここは、マイナスポイントです。
(※プレイしたのは、Ver 1.00です。)

感想

Sugar*Style 感想

今回プレイした「Sugar*Style」ですが個別ルートに入るまでの流れが特殊というか面倒で“共通→個別エピソード(EP)→共通”の繰り返しになります。
個人的にこのやり方がとても合わず、一人目のヒロイン攻略は、問題ないのですが2人目の攻略からは、共通部分をスキップして個別EPまで待つ事になるので一々手を止める必要があり、非常にテンポが悪くプレイしていて手が止まってしまう事が多々ありました。

あと本作は「男の役割セレクト」と「ルームアクション」言うシステムがあります。
「男の役割セレクト」は、共通部分や個別EPの間に入るショートエピソードが入るだけで「ルームアクション」は、簡単に言えばヒロイン部屋を漁るだけタンスの中は、勿論ゴミ箱すら漁ります。
どちらも攻略に一切関係無いので無駄にテンポが悪くなる原因の一つのように感じました。
ちなみに私は「男の役割セレクト」は、全ヒロイン同じにしてスキップ「ルームアクション」は、漁らずに終わらせました。

シナリオは、可もなく不可もなく前半中盤ふざけて終盤(ラスト)にいい話っぽく終わらせるいつものSMEE。
別段シナリオが良いって訳でも無く基本的にノリは、体験版通りだったかな?
キャラゲーなので購入検討中の人は、体験版をプレイした方がいいと思います。

とまぁ、こんな感じてテンポが悪いと言う印象が強く残った作品になりました。
せめて共通と個別を完全に分けてくれればプレイしやすかったんですけどね…

まとめ

シナリオ

3

ボリューム

2

Hシーン

2

ヒロイン

3

満足感

2.5

DMM GAMES
Sugar*Style
Sugar*Style

コメント