スポンサーリンク

風雷戦姫 神夢  体験版 感想

感想・レビュー

2020年1月31日に発売予定の「風雷戦姫 神夢」体験版をプレイし終えたので感想を書いていこうと思います。

風雷戦姫 神夢 体験版 感想

ブランド
LiLiM
原画
金目鯛ぴんく
シナリオ
六花梨花

※ 体験版は、2つ公開されているので両方の感想になります。

プレイ時間

体験版は、1時間30分くらいでプレイ終了。
「体験版なので長くても30分くらいで終わるかなぁ~」と思ってプレイし始めたら思いの外長くで驚きました。

Hシーン

第1弾体験版でHシーンは、本編で5つ、体験版攻略後に2つ見る事できるので合計7つ。
主人公と神夢のHシーンは、前戯しかなく本番は、ありません。
敗北Hシーンの方は、普通に犯してるのでいいんですが唐突に電マとか出てくるのは、ちょっと萎えたかな…

第二弾体験版で見れるHシーンは、敗北Hシーン中心で悪堕ち神夢(ダーク神夢)のHシーンもありました。
Hシーンは、前後の文で展開が予想できてしまうモノもあったので多少のネタバレも嫌なら注意が必要かも。

シナリオ・ヒロイン

体験版でプレイできるのは、共通パート途中まででキャラや設定の紹介がメイン。
公式サイト等で紹介されているキャラは、一通り(男も女も)登場します。

シナリオの方は、特にコレと言って思う所もなく普通の変身ヒロインモノ。
過去シリーズに「鳳凰戦姫 舞夢」「昇龍戦姫 天夢」の2作がありますが過去シリーズとの関係無いので今作が初プレイでも問題ないかと。

まとめ

風雷戦姫 神夢

過去シリーズの「舞夢」と「天夢」をプレイしているので多分、今作も購入すると思いますが内容の方は、体験版をプレイした感じ「別に尖った所もないかなぁ~」と言った印象。
ただ鎧の設定が舞夢の時と同じようにヒロインが発情するタイプなので天夢よりは、期待できそう。

期待度

3

購買意欲
3

DMM GAMES
風雷戦姫 神夢
風雷戦姫 神夢