スポンサーリンク

ママ×カノ 感想

感想・レビュー

11月29日に発売した「ママ×カノ~教え子のお母さんがエッチな先生で、娘の世話を焼いたら駄目ですか?~」をプレイし終えたので感想を書いていこうと思います。
ネタバレを含む事も書いてあるのでネタバレが嫌な人は、ご注意ください。

ママ×カノ 感想

ブランド
しばそふと
原画
りゅうき夕海
シナリオ
志方孝志

プレイ時間

6時間半ほどでプレイ終了。
ほとんど1周目の共通部分を終えれば個別は、サクッと終わるので時間は、あまり掛かりませんでした。

Hシーン

Hシーンは、44+1枠(回想でカウント)

  • 高槻 優奈、9枠
  • 高槻 佐和子、9+1枠(早期購入特典で+1枠)
  • 鳴沢 律、11枠
  • 鳴沢 亜由美、9枠
  • その他(ハーレム)、6枠

共通部分が少し長いのでHシーンまで思っていたより時間がかかりました。
最初の方から実用性の高い抜きゲーだと思うとHシーンまでの長さに戸惑いますが1回Hシーンが入れば後は、Hシーンの連続なので即使用が目的じゃなければ問題ないかな…

Hシーンの数を見て思いましたがパッケージの2人(メイン2人)より律の方がHシーンの数が多いです。

シナリオ・ヒロイン

Hシーンは、多いが抜きゲーと言うよりキャラゲーの印象のほうが強かったです。
正直、抜きゲーとして購入したのでHシーンまでの長さに少し戸惑いましたがシナリオの方は、思っていたより良かったのでハズレ感は、ありませんでした。
内容的に早期購入特典のシナリオを見た方が佐和子ルートの厚みが増すので早期購入特典をDLできなくなった場合とで少し評価が変わるかも。

まとめ

ママカノ 感想

製品版をプレイして体験版から変わった印象は、抜きゲーよりキャラゲーっぽいって事くらいなので購入検討中の方は、体験版をプレイしてキャラを気に入れれば満足できるかな?
体験版以降も体験版と同じ長さくらい共通ルートがあるので先に書いてますがHシーンを即使用したいという人は、注意が必要。

内容的には、結構丸い作品だと思うので何度も書きますが「体験版をプレイしてキャラを気に入ったら~」って感じの作品なので購入を検討しているなら体験版を先にプレイした方が良いと思います。
あと購入するなら早期購入特典が貰える内に購入したほうが良いのでお早めに!

シナリオ

3

ボリューム
3

Hシーン
3

ヒロイン
3

満足感
3

DMM GAMES
ママ×カノ 〜教え子のお母さんがエッチな先生で、娘の世話を焼いたら駄目ですか?〜ママ×カノ 〜教え子のお母さんがエッチな先生で、娘の世話を焼いたら駄目ですか?〜