スポンサーリンク

缶詰少女ノ終末世界 感想

感想・レビュー

2019年4月26日に発売された「缶詰少女ノ終末世界」をプレイし終えたので感想を書いていこうと思います。
ネタバレを含む事も書いてあるのでネタバレが嫌な人は、ご注意ください。

缶詰少女ノ終末世界 感想

ブランド
シルキーズプラス
原画
イチリ
シナリオ
渡辺僚一

プレイ時間

11時間くらいでプレイ終了。

Hシーン

Hシーンは、10枠(回想でカウント)
Hシーンメインの作品じゃないので別にいいんですが数は、お世辞にも多いと言えません。
以下、各ヒロインのHシーン枠数。

  • 八乙女 華江、2枠
  • 烏森 亜実花、2枠
  • 辻花 咲、2枠
  • 更紗 サリ、3枠
  • ツバキ、1枠
  • ※体験版で見れたツバキが烏森に搾り取られてるシーンは、ツバキとしてカウント。

Hシーンの内容自体に何も言うことは、無いんですが男性キャラの体の書き方に違和感がありました。
まぁHシーンのメインは、ヒロインなので気にする必要も無いんですがHシーン以外も気になるので、一応書いておきます…

感想

ストーリー紹介で「終末に立ち向かう物語」と書かれていますが終末世界で何やかんやする話じゃないので、終末世界を生きる姿を描く物語を期待していると肩透かしになるので注意が必要。
内容的には、OPの歌詞通りの「必死に今を生きよう!(生きたい!)」って話でした

シナリオ構成は、一本道から派生するムカデ型(鍵型)でヒロインを攻略する作品では、ないのでキャラ目当てで購入するのも肩透かしかな?
シナリオやテキストは、小難しい話も多いですが何となく理解できる説明をしてくれるので問題なく読み進められました。
1シーンの掛け合いが長い事が多々ありましたがテンポよく読み進められて良かったです。

オールクリアしましたが内容自体は「思ってたのと違うなぁ~」と言うのが正直な感想。
私自身、楽しめたので別に問題ないのでいいんですがこれから購入するか考えている人は、ある程度情報を仕入れてから購入を検討した方がいいと思いますよ。

まとめ

シナリオ
3.0

ボリューム
3.0

Hシーン
2.0

ヒロイン
3.0

満足感
3.0

DMM GAMES

缶詰少女ノ終末世界