カオスドミナス 感想

11月29日に発売した「カオスドミナス」をプレイし終えたので感想を書いていこうと思います。
ネタバレを含む事も書いてあるのでネタバレが嫌な人は、ご注意ください。

カオスドミナス 感想

ブランド
アストロノーツ・シリウス
原画
M&M
シナリオ
ヤマガミユウ、すまっしゅぱんだ、霧島へるん、なかぢ、他

プレイ時間

25時間くらいでプレイ終了。
正直、この半分くらいで終わると思っていたので予想以上のボリュームで驚きました。
ちなみにストーリー(本編)だけで17時間、個別キャラストーリーとEPで8時間掛かりました。

Hシーン

Hシーンは、78枠(回想でカウント)
RPG要素がある作品だとHシーンまでが長かったりしますが今作のHシーンは、本編の随所にあるのでHシーン目的でも問題なく遊べます。

Hシーンの内容は、陵辱などがあるので好き嫌いが分かれると思いますが満足できる量と内容。
普通のHシーンでも結構下品な構図が多いので個人的にアタリでした。

Hシーンの枠数は、以下の通り。

  • ノルン、6枠
  • カルラ、8枠
  • ミラベル、7枠
  • ヒジリ、5枠
  • トモエ、5枠
  • パメラ、6枠
  • ロレッタ、7枠
  • ベルティーナ、7枠
  • レティシア、6枠
  • アンフィニ、3枠(隠しキャラ)
  • ヴェロニカ、3枠
  • ?、1枠(ゼノヘミア)
  • ??、5枠(BAD END陵辱)
  • ???、4枠(メインヒロイン3P)
  • その他、5枠(モブ・サブキャラ陵辱)

敗北して見れる陵辱シーンを見逃すと回収不可なので注意が必要。
適当にやってても勝てるので“負ける準備”をしないと長丁場になるので面倒だったので1ボタンで負けになる仕様とかが欲しかったです。

シナリオ・ヒロイン

シナリオは、良くも悪くも王道的でストーリー紹介に書かれている内容以上でも以下でも無いって感じ。
作中でどんでん返しとかありませんが堅実な冒険しない王道シナリオなので特にイチャモンをつける部分もありません。

ヒロイン数は、多いですが本編作中で出番が全然ないヒロインもいます。
一応個別でキャラストーリーもありますがそこまでガッツリやる訳でもないので特定のキャラだけ目当てだと肩透かしかな…

まとめ

カオスドミナス 感想

前作「ギルドマスター」が散々な出来だったので正直、購入するか悩みましたが体験版が思いの外、いい感触だったので「これが駄目だったら今後は、見送り!」と決めて本作を購入しましたが体験版の感触通り本作は、当たりでした。

RPG部分は、低難易度で必要以上のレベル上げも敵の対策等しなくても勝てるお手軽仕様だったのでガッツリ遊びたいなら不満がでると思いますがエロゲにそこまでRPG要素は、求めてないので丁度いい感じで楽しめました。

ゲーム攻略で苦戦する部分も無く敗北Hシーンの回収くらいしか気をつける所もなかったのでRPGが苦手だったり不安がある人でも問題ないと思います。
Hシーンの量も内容もしっかりしているのでお手軽に遊べるエロゲをやりたいならオススメです。

シナリオ
[star rate=”3″] ボリューム
[star rate=”4″] Hシーン
[star rate=”5″] ヒロイン
[star rate=”3″] 満足感
[star rate=”4″] DMM GAMES
カオスドミナスカオスドミナス

最新情報をチェックしよう!