スポンサーリンク

LIKE×LOVE ~十津川 光~ 体験版 感想

感想・レビュー

2019年8月30日に発売予定の「LIKE×LOVE ~十津川 光~」体験版をプレイし終わったので感想を書いていこうと思います。

LIKE×LOVE ~十津川 光~ 体験版

ブランド
rootnuko
原画
庄司二号
シナリオ
川石幸宏
製品版

LIKE×LOVE ~十津川 光~ 感想
2019年8月30日に発売した「LIKE×LOVE ~十津川 光~」をプレイし終わったので感想を書いていこうと思います。 ネタバレを含む事も書いてあるのでネタバレが嫌な人は、ご注意ください。 LIKE×LOVE ~十津川 光~ 感想...

プレイ時間

体験版は、30分ほどでプレイ終了。
長くもなく短くもなくサクッと終わらせられる事ができました。

Hシーン

Hシーンは、2枠(回想でカウント)
体験版開始時からタイトル画面から見ることができます。

シナリオ・ヒロイン

体験版をプレイした感じ特に可もなく不可もなく。
まだプロローグ部分なので先の事はなんとも言えませんが体験版をプレイした感じ大外れって事は、無く無難そうな作品って印象。

ヒロインのクセも強くないので気になったら体験版をプレイする事をおすすめします。

まとめ

LIKE×LOVE 十津川 光 体験版

とりあえず体験版をプレイした感じは、以上の通り。
公式サイトでも紹介されている「会話切り替え」システムがプレイしていて目新しかったので気になる人は、体験版をプレイして見るといいかも。
HCG率80%(公式サイト記載)のお手頃価格な作品ですし体験版をプレイした感じ無難そうなので凸しても問題なさそうですかねぇ~。

期待度

3

購買意欲
3.5

DMM GAMES
LIKE×LOVE 〜十津川 光〜
LIKE×LOVE 〜十津川 光〜