2020年8月28日に発売したパープルソフトウェアの「青春フラジャイル」をプレイし終えたので感想を書いていこうと思います。

青春フラジャイル 感想

[プレイ時間]/[シーン数]/[評価]
【プレイ時間】
12時間位でプレイ終了。
プレイしていた時間だけ見ると、そこそこ長めですがサクサク進められたので体感的には、そこまで長くありませんでした。
【シーン数】
本編Hシーン3枠、攻略後にアフターストーリーで1~2枠追加。
ゆらと響希は、全ヒロイン攻略後にアフターストーリーで追加されます。

  • 鳥羽せつな、5枠
  • リズ・メイサース、5枠
  • 桜宮氷緒、4枠
  • 卯月透音、4枠
  • その他(ゆら、響希)、2枠

評価:3.5

長いがテンポがよく、最後までしっかり楽しめた

共通ルート(体験版)が2時間半くらいのボリュームで各ヒロインの個別ルートとアフターストーリー合わせて10時間くらいなので全体的なボリュームで言えば結構多めですがテンポよく進むので体感的には、そこまでボリュームを感じず最後までプレイできました。

“わるいまほうつかい”の話は、そこまで多くない

本作の核になる部分の“わるいまほうつかい”の話ですが、そこまで多くありません。

一部を除いてどのルートも終盤でちょろっと出てきてシリアス展開にして主人公が解決して終わりです。
ただこれは、別に悪い意味じゃなくて必要な部分だけ残して無駄にダラダラとシリアス展開を先延ばしにしないって意味なのでストーリー自体は、しっかりしています。

キャラ萌えが欲しいけど、それだけだと食傷気味なので少しは、シナリオに重きを置きたいって人に良いかもしれません。

推奨じゃないがオススメ攻略順

ストーリーの殆どは、せつなルートで説明されるので「最後の最後で全部わかってスッキリ終わらせたい!」と言う人は、せつなを最後に回せば後は、どの順番で攻略しても問題ありません。
恐らくルートロックもされていないので好きなヒロインだけ攻略する事も可能です。

個人的にオススメな順番は、【氷緒→遠音→リズ→せつな】です。

まとめ

今回プレイした「青春フラジャイル」ですがストーリーもそこまで重くなくかと言って軽すぎる事もなく、丁度いい塩梅で気楽に楽しめた作品でした。
ヒロインも可愛く、Hシーンもしっかりエロいので実用的ですし、温泉で毛(陰毛だと思ってる)が描かれたりしてて細かい部分も良い感じです。

体験版は、共通ルートをプレイできるので購入するか検討する十分な内容なので購入検討中の方は、体験版をプレイする事をオススメします。

最新情報をチェックしよう!
★『Mama×Holic ~魅惑のママと甘々カンケイ~』