LIKE×LOVE ~色川 鈴音~ 感想

2020年8月28日に発売した「LIKE×LOVE ~色川 鈴音~」をプレイし終えたので感想を書いていこうと思います。

LIKE×LOVE ~色川 鈴音~ 感想

[プレイ時間]/[シーン数]/[評価]
【プレイ時間】
3時間くらいでプレイ終了。
前作と同じくらいのボリュームで攻略対象1人のロープライス作品としては、長くもなく短くもなくと言った印象。
【シーン数】
Hシーンは、12枠。
Hシーンで変わったモノは、SMが3枠あるくらい。

評価: 2.5

前作感想

2019年8月30日に発売した「LIKE×LOVE ~十津川 光~」をプレイし終わったので感想を書いていこうと思います。 ネタバレを含む事も書いてあるのでネタバレが嫌な人は、ご注意ください。LIKE×LOVE ~十津川 光~ 感想[…]

続編では、ない

本作は、前作「LIKE×LOVE ~十津川 光~」と同じ主人公で舞台も同じですが続編では、ありません。
主人公が変わらずヒロインが鈴音に変わっただけなので前作未プレイで本作からプレイしても問題ありません。

会話切り替えシステムは、前作と同じく面倒

公式サイトで本作と言うかこのシリーズの目玉の様に紹介されている会話切り替えのシステムがありますが前作と同じ様に面倒の一言、数回出る程度なら別に問題ないのですが一々出てくるのでとても鬱陶しくエンディングが変わる訳でも無いので必要があるのか疑問。

一応、会話切り替えで好感度のようなモノが上がったりしますがBADEND的なモノが無く、Hシーンが追加されるくらいなのでデメリットがありません。
追加されるHシーンもワンボタンでHシーン全開放できるので面倒なら会話切り替えシステム全スルーで問題ありません。

まとめ

今回プレイした「LIKE×LOVE ~色川 鈴音~」ですが感覚的には、良い所も悪い所も前作と同じでした。
キャラは、良いけどシステムが面倒なので個人的には、微妙かなぁ…

シナリオは、特に言う事なくキャラ目当てなら問題なく楽しめると思いますが個人的にネックなのがシステムだったので購入検討中の方は、そこら辺を確認する為に体験版をプレイする事をオススメします。

最新情報をチェックしよう!
★『Mama×Holic ~魅惑のママと甘々カンケイ~』