スポンサーリンク

援女交際~亜梨紗の情事~ 感想

感想・レビュー

4月26日に発売した「援女交際~亜梨紗の情事~」をプレイしたので感想を書いていこうと思います。
ネタバレを含む事も書いてあるのでネタバレが嫌な人は、ご注意ください。

援女交際~亜梨紗の情事~ 感想

ブランド
ぱちぱちそふと
原画
茶スケ
シナリオ
上原明人

プレイ時間

2時間ほどでプレイ終了。
ロープライス作品なので普通の長さかな?

Hシーン

Hシーンは、27枠(回想でカウント)
数だけ見ると結構多いですが前戯だけ1枠割いています。
まぁそれでもヒロイン1人でHシーンメインの抜きゲーなのでHシーンの数に不満は、ありません。

感想

シナリオは「援交がきっかけで知り合い、何やかんやあって相手に惹かれて~」って感じ。
Hシーンメインの抜きゲーなのでシナリオは、あまり気にしませんがエンディングが夢を諦めて新しい目標に向かうって感じのモノなのでハッピーエンド(?)って感じの終わり方なので好き嫌いは、分かれそう。

ジャンルとしては、援交モノになりますが割と序盤で援交関係を終えるしお金に関してもテキスト描写だけなので援交要素、薄めなので援助交際してる感を味わいたい人には、肩透かしになるかな…
ただヒロインが中盤から主人公とのセックスが好きな淫乱娘になりセックスに積極的になるのは、良かったので「援交モノとしては、マイナスだけど抜きゲーとしては、プラス」って感じでした。

Hシーンの数もそこそこ多く手を出しやすいお手頃価格なロープライス作品なので公式サイトのサンプルCGとか見て「抜きてぇな~」と思ったら是非。

まとめ

シナリオ
2.0

ボリューム
3.5

Hシーン
3.0

ヒロイン
4.0

満足感
3.5

DMM GAMES

援女交際 〜亜梨紗の情事〜