となりに彼女のいる幸せ 感想

となりに彼女のいる幸せ ~Two Farce~

  • 原画:ねこにゃん
  • シナリオ:多喜濱一
  • 【リンク】
    プレカノ

【ストーリー】
廃部寸前、されども歴史ある我らが文芸部は、二年の俺と 一年の後輩・芹沢知彩 の 2人きり。
ふたりは部活動でくだらないやり取りを繰り広げ、部の今後を憂いつつも、のんきな日常を送っていた。

そして、日々ふたりの距離は縮まってゆく――

プレイ時間

3時間ほどでプレイ終了。
お値段的に平均的な長さかと……

何かコンシューマ移植も決定しているみたいですが、この長さで大丈夫なんですかね?

シナリオ・テキスト

シナリオは、何だろう…… 日常って感じかな?
ヒロインと主人公、2人しか居ない部活で何気ない日常を送り、2人の距離が縮まって恋人になる、それだけの物語。
壮大なストーリーも驚きもなくただただ、何気ない日常が描かれる作品です。

テキストは、軽いノリで短編が何個も繋がっているような感じ。
短編1つで区切ってあるので中断するタイミングが取りやすいです。

Hシーン

Hシーンは、6枠(回想でカウント)
数は、多くも少なくもなくって感じ。
着衣でのプレイ(コスプレ)が多いですがHシーンは、そこまでエロくないのでHシーン目当てだと肩透かしになると思います。

となりに彼女のいる幸せ 感想

シナリオは、平坦で特に驚きも何もなくHシーンが良いって訳でも無いのでキャラ目当てでの購入じゃないと結構辛いと思います。

ただ好きな人は、とことん好きなタイプのヒロインだと思うのでヒロインを気に入るかどうかがこの作品の評価の分かれ目かと……

作品自体は、そこまで悪い訳じゃありませんが体験版が無いので購入前に確認できないのが問題点かな?

よもひろ@管理人
ブログ管理人:よもひろ(@heyasumide

【お知らせ】
感想の書き方を変更してみた(試験的に)