空のつくりかた 感想

COSMIC CUTEの「空のつくりかた」をプレイし終わったので感想を書いていこうと思います。
以下、感想

空のつくりかた 感想

  • 原画:むうつき、藤井理乃(SD原画)
  • シナリオ:冬野どんぶく

『空のつくりかた』応援中!

プレイ時間

プレイ時間は、17時間ほど。
共通各話1時間半~2時間くらいで終わって個別は、共通部分より少し長めくらい。

シナリオ・テキスト

シナリオの流れは、体験版と同じような感じで最後まで進みます。
カギ型(ムカデ型)と言われるタイプの作りになっていますが一本道のシナリオじゃないのでヒロイン格差らしいモノは、ありません。
共通ルートでは、街全体巻き込んで騒ぎ回ってましたが個別では、小さくまとまってたのがやや残念。

テキストは、体験版とさほど変わらず。
個別ルートでHシーンが割りと唐突に始まるので驚きましたがそれ以外は、特に何もありません。
体験版をプレイして問題なければ大丈夫かと。

Hシーン

Hシーンは、20枠(回想でカウント)
ヒロイン1人につき5枠あります。

感想

カギ型(ムカデ型)は、シナリオ重視の作品によくある作りですが本作「空のつくりかた」は、どちらかと言うとキャラメインでしたね。
恋人になってイチャラブやって何かしら解決してエンディングの分かりやすい流れです。

個人的に共通部分の街全体を巻き込んでの大騒ぎが楽しかったので個別が少し物足りなかった感じが残ります。
Hシーンの数は、多いですがHシーン回収の為にシナリオが進んでいる感じがする場面が多くプレイしていてモヤッとする所がありました。

まぁ先に書いたようにキャラメインみたいな所があるので体験版をプレイして気に入ったキャラがいたら製品版もぜひ。