シンソウノイズ 感想

Azuriteのシンソウノイズをプレイし終わったので感想を書きたいと思います。
以下、感想。

シンソウノイズ 感想

  • 原画:はましま薫夫
  • シナリオ:海原望、禾刀郷、茗荷谷甚六

シンソウノイズ 先行体験版 感想

プレイ時間

15時間強でプレイ終了。
推理・謎解きで時間がかかる場合があります。
私は、6章の謎解きで物凄く足止めさせられました。

シナリオ・テキスト

シナリオは、特殊能力で事件解決したり最終的に戦ったりします。
体験版でもプレイできる序盤は、事件解決して真相を追っていき、中盤から色々な特殊能力が出てきて最後の方は、特殊能力使って戦ったりします。
元から「心の声が聞こえる」と言う設定があるので特殊能力が出てくるのは、別に良いのですが体験版の内容から掛け離れた感じの内容だったかな?と……

例えるならギャグ漫画だったのに途中でバトルモノとかに舵切りしちゃった少年漫画みたいな感じかな?
体験版のように事件を解決して行き雪本の死を追う様なシナリオを期待すると肩透かしになると思います。
まぁ内容は、どうあれ雪本の死を追う事は、変わりないので体験版をプレイして真相が気になった人は、製品版を!

Hシーン

Hシーンは、12枠(回想でカウント)
各ヒロインのHシーン枠数は、以下の通り。

  • 雪本 さくら、1枠
  • 清川 ひかり、1枠
  • 桃園 萌花、4枠
  • 風間 夏希、2枠
  • 黒月 沙彩、2枠
  • 大鳥 百合子、2枠

枠数が多いのは、萌花の4枠で他は、殆ど横並び。
相手は、主人公ですが萌花のみレイプ気味な内容もありました。

感想

今回プレイした「シンソウノイズ」ですが「思ってたのと違う」の一言。

一応体験版でプレイできる部分とその先の3章までは、しっかり楽しめました。
ただ問題は、4章から出てくる特殊能力者が主人公以外にも多くいる設定ですね。
「主人公以外にも特殊能力が使える人がいるよ!」程度ならまだ良いんですが事件にガッツリ関わっちゃうのは、どうなの?っと……
中盤でこの設定を出してくるのは、後出しジャンケンみたいな感じで印象悪いですわ……

んで次にゲームの内容と言うより仕様の方です。
本作は、DMMGamePlayerを使ってプレイする作品になってます。
これに関しては、単純にインストールから起動までが面倒なだけなのですが個人的に問題だったのは、DMM側の不具合で一時期プレイ出来ない状態に陥った事です。
丸1日プレイできずに復旧待ちだったのでパッケージを購入している身としては、不満で仕方ありません。

ゲームの内容だけなら思ってたのと違うくらいの不満点しかありません。
ただゲーム以外の部分での不満が大きい作品になってしまったのが残念で仕方がありません。
割れ対策でアクティベーション認証するのは、良いのですが購入者が損(面倒)になる仕様は、やめて欲しいですわ……

よもひろ@管理人
ブログ管理人:よもひろ(@heyasumide

【告知】
単発記事はじめました