スキとスキとでサンカク恋愛 感想

ASa Projectのスキとスキとでサンカク恋愛をプレイし終わったので感想を書いていこうと思います。
以下、感想。

スキとスキとでサンカク恋愛 感想

  • 原画:冬壱もんめ、夕凪セシナ、結城リカ
  • シナリオ:天都、言川紺、十全

スキとスキとでサンカク恋愛

プレイ時間

プレイ時間は、10時間ちょっと。
途中でダレて進行ペースが遅くなりましたが個別ルートもそこまで長くなかったのでサクサク攻略できました。

シナリオ・テキスト

シナリオは、良くも悪くも「可もなく不可もなく……」って感じかな?
本作は、大まかに分けると“妹▲ルート(妹2人の個別)”と“恋▲ルート(先輩と幼馴染の個別)”に分かれます。

妹▲ルートは、どちらも「妹ヒロインのよくある(王道)展開」みたいな感じの内容。
ぶっちゃけ「テンプレ乙www」とか言われても仕方がないレベル。
まぁ王道展開でも良いんですがさっさと問題解決して恋人になってセックスして終わりなので結構退屈。

恋▲ルートの方は、妹のほうより良かったかな?
まぁ団栗の背比べみたいな感じですが妹より恋の方が面白かったです。
ちなみに、こっちも同じように問題解決してセックスして終わりです。

テキストの方は、ギャグよりパロネタ・メタネタ多めって感じ。
下ネタも結構出てきますがパロディやメタネタの方が目立ってました。

Hシーン

Hシーンは、20枠(回想でカウント)
メインヒロイン各4回、サブヒロイン各2回。

感想

こんな感じで「スキとスキとでサンカク恋愛」をプレイし終わりましたが本作は、ギャグメインよりキャラ萌えの方が強かったかな?
先にも書きましたがアニメ等のパロディが多くパロネタが好きじゃないと結構辛いかもしれません。
ギャグも多めですが、そこまで強くないと言うかキレが悪いと言うか……
体験版までがピークと言うか竜頭蛇尾って言葉がしっくりくる最初の勢いは、良いけど後半まで続かない、そんな感じの作品って印象です。

あと三角関係がテーマのひとつなだけあって各ヒロインの個別ルートで、ちゃんと失恋シーンが描かれていたりするのは、良かったです。
まぁ三角関係と言っても「修羅場? 修羅場なの?」と期待でワクワク、ニヤニヤするシーンが殆ど無いのは、残念でしたが……

書き終わってみると余り良い所が無い感じになってますね……
とりあえず個別ルートは、サブヒロインの茜ルートが面白かったです。
腐女子についてしっかり説明していますし、他のルートよりオタク同士でお互いの趣味を理解し合う関係って感じがしてよかったです。

よもひろ@管理人
ブログ管理人:よもひろ(@heyasumide

【告知】
単発記事はじめました