枯れない世界と終わる花 感想

SWEET&TEAの「枯れない世界と終わる花」をプレイし終わりました。
以下、感想。

枯れない世界と終わる花 感想

  • 原画:あめとゆき、平井ゆづき(SD原画)
  • シナリオ:雪仁

枯れない世界と終わる花

プレイ時間

プレイ時間は、10時間かからないくらい。
個別ルートも短いのでサクッとプレイできる作品でした。

シナリオ・テキスト

シナリオは、ツッコミどころが多かったです。
まず「世界が~」っと結構スケールの大きな感じで物語が進んでいきますがストーリーが一つの町だけで物語が完結しているのにやや違和感を感じました。
あと物語の鍵になっている天使の存在ですが必要な理由もよく分かりません。
そして最後の締めは、サクッと都合よく世界を変えて終わり。
シナリオと言うか世界観が雑と言うか「え? これで良いの?」って感じかな?

ただ、キャラクターメインで見ると手のひら返しじゃありませんが、とても良い。
キャラは、可愛く会話のテンポも良くBGMも耳心地が良くサクサク進められました。

Hシーン

Hシーンは、10枠(回想でカウント)
メインヒロイン(ハル・コトセ・ユキナ)は、各3枠。
レンのHシーンは、ありますが1枠だけです。

感想

とまぁこんな感じでプレイし終わった「枯れない世界と終わる花」ですが先に書いた通りツッコミどころの多い作品でした。
体験版をプレイして世界観とかが気になって購入すると肩透かしかもしれませんがキャラメインなら楽しめるかな?
値段的に仕方が無いと割り切る事もできますが先に書いたように世界観がいまいち掴めない(説明されない)状態で最後まで進んだので、そこら辺を丁寧に描いてほしかったですね……

とりあえず気になったら、まず体験版を是非。

よもひろ@管理人
ブログ管理人:よもひろ(@heyasumide

【告知】
単発記事はじめました