はにデビ! Honey&Devil 体験版 感想

eufonieの「はにデビ! Honey&Devil」体験版をプレイし終わりました。
以下、感想。

はにデビ! Honey&Devil 体験版 感想

  • 原画:早川ハルイ、桜みさき(SD原画)
  • シナリオ:相良中通、樹原新、近江千竜

eufonie最新作「はにデビ! honey & devil」情報公開中!

プレイ時間

体験版は、1時間くらいで終了。
思ったより長かったです。

シナリオ・テキスト

体験版でプレイできるのは、プロローグ的な部分ですかね。
各ヒロインの顔見せと紹介とかが主な内容です。
一応、Hシーン多めの作品なので体験版の部分だけでもHシーンが2回ありました。
ただHシーンがフェラと角オナだったのでこの調子だと本番は、恋人になってからじゃないと無さそうな予感が……

Hシーン

体験版で見れるHシーンは、8個。
本編で見れるのは、2個で本編終了後に残り6個を見る事できます。
各ヒロイン2個ずつ(本番は、各1個)見れるのでHシーンの参考には、なると思います。

感想

今回プレイした「はにデビ! Honey&Devil」ですが体験版をプレイした感じだと抜きゲーと言うよりキャラ萌え寄りだった印象。
Hシーンが多いキャラゲーでよくある「本番は、恋人になってから!」と言う謎の縛りだと思いますが……
「淫魔に取り憑かれ、所構わず発情する」と言う設定なのにフェラ(飲精)だけ発情を一時的に抑えられるのは、ちょっと違和感がありました。

とりあえず体験版で設定やら何やら説明されますしHシーンもそこそこ多いので気になった人は、体験版を是非!

よもひろ@管理人
ブログ管理人:よもひろ(@heyasumide)【お知らせ】 感想の書き方を変更してみた(試験的に)