キミの瞳にヒットミー 体験版 感想

戯画の「キミの瞳にヒットミー」体験版をプレイし終わりました。
以下、感想。

キミの瞳にヒットミー 体験版 感想

  • 原画:ねこにゃん、ひさまくまこ、倉澤もこ、FFC(SD原画)
  • シナリオ:えじむら、陸奥竜介、日景野もぐら、玲

戯画 『キミの瞳にヒットミー』 応援中!

プレイ時間

体験版プレイは、1時間ちょっとで終了。
本作は、話数で区切られていて体験版でプレイできるのは、3話まで。
1話あたり20~30分くらいでした。

シナリオ・テキスト

体験版でプレイできるのは、プロローグと少し先まで。
内容は、主人公とヒロインでシェア部を作り廃部の危機を乗り越えたり、シェア部同士で互いを理解し合ったりします。
部活が主軸で物語が動いていますが「文芸部」「お笑い部」「素敵発見部」「世界征服部」「青春部」の寄せ集めの部活(シェア部)なので部活動と言うより、たまり場でワイワイ駄弁ってるだけ。
体験版は、「何やってる部か分からないし、実績ないから予算下りね~から!」と言われて終わりです。

一応、体験版でこの先の大まかな目的が出来て終わりですね。
「ヒロインや作品も雰囲気は、大体こんな感じ!」と言った体験版らしい体験版でした。

Hシーン

体験版で各ヒロインHシーンを1枠見れます。
以下、各ヒロインHシーン。

  • 瞳(本番)
  • 詩菜(本番)
  • つばさ(パイズリフェラ・本番)
  • みこ(本番)

感想

こんな感じで体験版は、良くも悪くも普通。
体験版だけで判断するならキャラ萌えメインって感じなので、気に入ったヒロインがいないと辛いかと……
まぁ何はともあれ公式サイトとかを見て、好みのキャラデザや設定のヒロインがいれば体験版を是非!

よもひろ@管理人
ブログ管理人:よもひろ(@heyasumide

【お知らせ】
感想の書き方を変更してみた(試験的に)