水葬銀貨のイストリア 体験版 感想

ウグイスカグラの「水葬銀貨のイストリア」体験版をプレイし終わりました。
以下、感想。

水葬銀貨のイストリア 体験版 感想

  • 原画:桐葉、漆原六花、あまみね、なたーしゃ
  • シナリオ:ルクル

ウグイスカグラ『水葬銀貨のイストリア』

プレイ時間

体験版は、3時間かからない位でプレイ終了。
結構ボリュームがあるので、それなりに時間がある時にプレイ推奨です。

シナリオ・テキスト

体験版でプレイできるのは、3章まで。
公式サイトのギャラリーページで見れる(2017年2/16現在)STORY CARDの部分まで。
体験版でキャラや設定、舞台の説明をしながら物語がしっかり進んでいくので説明ばかりでテンポが悪くなる事もなくサクサク読み進められました。

シナリオの方は、「ハッピーエンドを向かえられるのか?」と心配になる終わり方です。
体験版の時点で複雑な人間関係で大変な事になっているので上手く〆れるのか心配でもありますが体験版が面白かったので期待値も高いです。
体験版で引き込まれるように読み進められたので体験版以降(製品版)に期待したいと思います。

テキストは、体験版開始時点で色々と複雑な人間関係ですがテンポよく進むので読み難いって事は、ありませんでした。
トランプで神経衰弱やポーカーで戦ったりシリアスなシーンもしっかりあるので体験版の時点で小さな山場が結構あるので飽きずにプレイする事ができました。

感想

水葬銀貨のイストリアの体験版をプレイし終わりましたが予想以上に面白かったです。
「多分、こうなんだろうなぁ~」と予想できる展開では、ありましたがテンポよく物語が進み体験版の時点では、期待しかありません。
先に書きましたが体験版の時点で小さな山場が結構あるので約3時間くらいのボリュームでしたが最後まで飽きずに体験版をプレイできました。

とりあえず体験版は、面白かったので製品版に期待したいと思います。
そんな訳で気になった人は、体験版を是非!