アオイトリ 体験版第一弾 感想

パープルソフトウェアの「アオイトリ」体験版第一弾をプレイし終わりました。
以下、感想。

アオイトリ 体験版第一弾 感想

【アオイトリ】応援バナー

  • 原画:克、あきお
  • シナリオ:御影、緒乃ワサビ、他

プレイ時間

体験版は、1時間30分くらいで終了。
始まりの3日間とサブタイトルで書かれていたのでサクッと終わるかと思ったらしっかりボリュームがありました。

シナリオ・テキスト

体験版第一弾は、プロローグ部分ですかね。
軽く作品の設定を紹介しつつ物語を進めていく感じです。
ここらへんは、ティザーサイトが公開された時から公開されている開発コラムでも説明があったので引用して貼っておくので以下を参考にしてください。

開発コラム 第1回から引用】
少しだけ「体験版:第1弾」のことをご説明しますと。
主人公の設定・女子校という舞台・ギミックとしての“悪魔”の存在など――
これらを日常パートと混ぜて物語にすると、とても冗長でわかりづらい=プレイする方にとって面白くない内容になると判断したためです。
この問題を解決するため、『共通ルート3日目までに基本設定を中心とした1つの小話』を形成しております。

具体的には、
メアリー・ハーカー(kawaii)が、舞台となる学園に通えるようになるまでの物語であり。
1つの旅の終焉として、彼女が涙を流せるようになるまでの静かなお話になります。
そして――共通4日目からメアリー・ハーカー(kawaii)がポンコツ化します。
お楽しみくださいませ。

体験版第一弾は、メアリー中心の物語で他のヒロインも多少なり登場しますが即退場みたいな扱い。
体験版第二弾で他のヒロインもしっかり登場するので日常シーンとかは、そっちをプレイしないと参考にならないみたい。

Hシーン

体験版で見れるHシーンは、2つありますが1つは、モブ女。
ヒロインでHシーンがあるのは、あかりです。

感想

体験版第一弾は、前日譚みたいな感じなので作品の雰囲気とかは、今の所分かりませんね。
とりあえず、この体験版だけで一つの話として出来ているので変に先に引っ張らずスッキリ終わって良かったです。
体験版第二弾で日常シーンや他のヒロインが登場するみたいなので購入するかどうか決めるなら次の体験版(第二弾)で決めるのがいいと思います。

まぁそれは、ともかく体験版第一弾の感想ですが「メアリー可愛い、背景綺麗、何か面白そう」の3つが素直な感想です。
今(序盤)が面白くても日常シーンでダレる作品は、数多く見てきたので購入するかは、体験版第二弾で判断しますが体験版第一弾で期待は、高まりました。

とりあえず気になった人は、時間がある時に「公式サイトがオープンして早々に体験版が公開されたからやってみようかな?」くらいの感じでプレイしてみるといいかも知れません。

よもひろ@管理人
ブログ管理人:よもひろ(@heyasumide)【お知らせ】 感想の書き方を変更してみた(試験的に)